留学の最初はゆっくりな英語でチャレンジ

留学をしてすぐに、ネイティブな英語を期待するのはハードルが高いです。


日本での英会話レッスンと、留学しての現地で話す英会話では、そもそもレベルが全く異なります、しかし子供のような英会話であっても、積極的に話すことが、結果的には英語の上達につながっていきます。

一気に完璧を目指そうとしても、英会話でも絶対無理です。



短期留学であったとしても、本人にとっての目標を決めて、欲張らずに自分の中での目標を決めるといいです。
こういうレベルまで話せるようになりたいと決めて、コツコツと地道にやれば、海外でも英語は絶対話せるようになります。ただ目標が高すぎると決めてしまうと、話せない自分には自信が持てません。

うつむきがちな自信がない人は、話しかけられなくなってしまいますので、どんどん負のスパイラルに入ります。


外人と話すのは面倒くさいと、諦めモードに入ったら、そこでチャレンジは終わってしまうことになります。

日本語しか話せなくても、海外でしばらくで生活しようと思えば、結構できるものです。

つたない英語でもいいから話をして、小さな達成を積み重ねていき、できたという経験をたくさんするほうが、英会話にしても良いスパイラルを得られます。



留学をしたら焦る必要はなく、できるだけ日本人の中にはいないで、海外の人との話をするようにしましょう。

T-SITEの情報なら当サイトにお任せ下さい。

最初は赤感が話し様なレベルでも、実際のネイティブな英語を耳にして、それに対して会話を帰るこのトレーニングが、確実に留学での語学を高めます。