保険とは偶然の災害ならびに不幸な事態の発生に備えよう

保険とは、偶然の災害ならびに不幸な事態の発生に備えて、多数の人々が団体を結成し、日頃から予備の貨幣を支出しておいて基金を形成し、この団体員の中から実際に偶然の災害ならびに不幸な事態に遭遇して、生活や営む事業が破壊されたりした者が生じた場合に、これを救済するための資金を提供するところの、善後策の制度です。
一人一人が独自に対策を立てるのと異なり、多数の人が団結して実施することから、社会的な制度ということができます。


したがって、そこでの救済は相互救済と認められ、保険は社会的な相互救済による善後策と言えます。

このことはとりもなおさず、保険に参加した全員の経済的保護の達成となります。

保険は、参加する者全員が各自に求める経済的保障の質と量に応じて、適正に算出された金額を醵出し合うことから始められます。

参加する各人は、実は全員のためになることになるのです。これは保険の理念につながります。


偶然の災害や不幸な事態の発生を社会的な現象としてとらえ、非常に多くの事例を観察することを続けると、そこにおのずから一つの法則の存在することが発見できます。つまり社会の各個人にとっては、その発生が偶然で予測しえなくても、経験的事実を大量に観察することによって、その事故の発生につき一定の規則性、つまり確率が把握できます。
統計学の進歩がこのことを可能にしました。

あなたに合った条件で神楽坂で歓送迎会はこちらのサイトで情報公開中です。

保険はこの大数の法則(確率)に基づく確率計算を基礎にして組成されたのです。

中目黒の女子会のことならこちらのサイトにお任せください。

つまり長期間かつ大量の災害や事故の発生傾向を統計的にとらえ、これを今後に適用して、偶然の災害や不幸な事態の発生を推論し、その上に保険という制度を作り上げたのです。

岡崎のカフェの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

人々はまず、保険料と名付けられる比較的少額な貨幣を支出します。

これは、その人の家庭生活や事業活動をめぐって存在する危険を大数の法則によって計上し、これとその人がどの程度まで経済的保障を求めているかとの関係からみて、確率計算的に金額が算出されたものであります。
こうして定められた料金を保険団体の運営上の諸事務を代行する機関に振込みますが、この手続きをもってはじめて経済的保障が達成されるのです。

参加する人々の料金は、さしあたって機関に集積されその金額は膨大になるのが通例です。

このうちから、偶然の災害や不幸な事態に遭遇した人に対して、概して大きな金額のお金が提供されます。
これは給付、反対給付均等の原理で、根本原理です。